世界の中心で「ニンニクヤサイアブラマシマシ」を叫ぶ

ゲームときどきラーメンときどきブタ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

すぺさるふぉーすつー!初心者講座的な

今日はゲームの話
レビューばっかでもネタが続かないし、読む人を限定しすぎてるかもしれないので

今日のお話はスペシャルフォース2、通称SF2


実は最近AVAは大人の事情であんまりやってません。
というか大会練習してますとかいって平気でFGやOTSやASWを持ってくる人ってなんなんでしょうね?

おっと話がそれた
まぁそんなこんなで最近はSF2ばっかりやってます。
やはりSF1の時と同じく、ハンゲーム派生なのか知らないけど

「SF2でFPS初めてです。」
「みんな強くてなんもできましぇーん!」
って子が多く目立ちます。

というより、長年どこかのFPSをずっとやっていて、
そのFPSの操作方から開放されず、苦しんでいる

みたいな人も目立ちます。
そこで
「ハイハイなれないのでクソゲー」
「勝てないのでむりー、さよならー」
って去るのはまぁ自由です。

でも僕なんかは
「同じ人間としてできるやつもいるんだから俺だってもうちょっと強くなれるべや」
って感じでしがみついたお陰でなんとかSF2ライフを楽しめています。

なので、こんな有名人でもないヘタッピな僕から皆さんに
少しだけ今からワンステップ上手くなれるかもしれないポイントを教えたいと思います。


全体的には4点

・目だけに頼っていませんか
・一人じゃない
・他のゲームは忘れて
・心は熱く、頭は冷静に


技術的にはそんなに言おうとは思いません。なんせそんなに僕も器用じゃないので・・・
唯一と言ったらマウスのクリックスピードがちょっとだけ早いくらいです(ドヤ
Aimとかも多分その辺の小学生のほうが機敏に動くと思います。
ようは、少し頭使えば大きく変わりますよ。という話


第一に
・目だけに頼っていませんか

FPSは確かに目が命です、見えなけりゃ敵も撃てません、倒せません。
でもなんか画面に張り付いて索敵してるふうな動きをしてる人をよく見かけます。
場合にもよりますが、基本こっちが見えてるということは相手にも見えてるってことなのです。

でも索敵をする方法ってのはまだあります、それが足音(物音)です。
SF2はこの物音が非常に大きく設定されているため、かなり遠くからでも音が聞こえます。
そのため、ずっとテコテコ走ったり、スプリントをしていると自分の足音が鳴ってしまい、
敵にどこに自分がいるか情報を上げてしまうのです。
私レベルでも含めて、ある程度やってれば角から出てくるタイミングまでつかめるので
「よっしゃ走って角からジャンプアタック!」
とかいって飛び出た瞬間に撃ち落される事が非常に多いです。

となると自分は足音立てずに、相手の足音が聞こえれば戦況は非常に有利ってことが自ずと分かるはずです。

初心者や足音が関係ないFPS(そんなゲームほぼないです、BF3でも足音聞いてます)出身の方は
全く足音を聞かない、更にに自分の足音に神経を使わない人がよく目立ちます。

それでは勝てませんよね、誰だって相手有利な状態で戦って勝てる方が少ないのは当然です。
ただ、此処から先は音を聞く技術になるのですが。
ブログの文字数関係上、そんなに多くは言いません。ハードウェアもオンボで十分です、テストしましたが問題なく
上下左右3Dに音声が拾えました。

別に音聞いて壁抜きしろ、なんて事は言いません。
要は意識するだけで動きは変わってくると思います。

例えば
「敵と1vs1だから、相手の音が先に聞こえれば有利になるから足音消そう」
とか
「あれ、このドタドタって足音は1Fの○○か、または○○しかない、それでここで左から聞こえたってことは○○に走ってるんだな!先回りしてやれ」
と考えて動けるようになると思います。
なので、まずは"音"を意識してみてください。


第二に
・一人じゃない

FPSで考えることといったら
・敵を倒す
・チームを勝たす
ってのがほぼ占めてると思います。
今回はチームを勝たすってことを考えたいと思います。
「俺はAが得意だから絶対Aへ行くんだ!、
って、みんなが同じ事を考えていた場合、Bサイトは誰もいなくなります
そしてノコノコBに入った敵は多分Bで留まらず、裏を取ってくるでしょう。
裏を取られた味方は、敵にサンドイッチされて全滅・・・」

「あれ、俺隣の味方と同じ方向見てるな、ってあー、味方に敵取られたよ、
って言ってるうちにどこからともなく現れた敵に横から・・・」

「ラッキー!こっち敵いないし、このまま裏とってやるぜ!、
って着いた頃には味方全滅で逆サイドに敵が入り込んでしまった・・・」

・・・なんてことが野良ではよくあると思います、
でもこれって俺だけでも動きを変えれば防げるんじゃないか?
って考えるのが今回のポイントです。
例えば、同じ方向を見ていたのだったら
十字砲火に出来るように位置を変える
別の守る場所に移動する。

皆が片方に突っ込んでいった場合は
裏を取られないようにする(取られそうでもラジオ等で味方に知らせる)
これを実践するようになれば、守りのバランスも落ち着くだろうし
何より、このMAPのここだけ!みたいな得意箇所だけでなく、MAP全体で立ち回りを考えれる様になります。


第三に
・他のゲームは忘れて

これも考え方の問題。
他ゲーから来たとして
「SF2には○○な機能がないから無理だ」
「別ゲーのあの技が使えないからクソゲー」
みたいな考え方の人が多すぎる気がします。
正直言うと、そんなのただの甘えです。
「日本で日本語使ってたのに、アメリカで日本語つかえねー!日本語覚えろよ!」
って言ってるのと同じです。
郷に入っては郷に従え、ってことわざにもある通り
自分がもともとやっていたゲームのことは忘れ
初心に帰ってSF2の操作や技を得ることをオススメします。

逆にSF2やってたから他ゲーがヘタクソになるのが怖くて出来ない。
ってのも深く考えないようにしましょう。
意外と体は前のゲームの動きを覚えているものです。
当然別のゲームをずっとやってたらしばらくは戻るのが大変かもしれません。
しかし、また元のゲームの勘を取り戻した頃には、
SF2で得た戦い方を取り入れることにより、元のゲームの世界を広げることもできます。


第四に
・心は熱く、頭は冷静に

心を熱く、というのは要はやる気。
やる気がないと実力を発揮できません。
例えば1 vs 4の展開になった時、そこで諦めたら多分1人も倒せず終わります。
1 vs 4でもどうにかして勝ってやるぜ!!!!
って真剣に思うことにより、頭は逆に冷静になっていきます。

なぜかというと、適当に勝てる勝てると思っている場合
・フラグムービーのような1回のエンカウントで4人全員倒している。
・グレネードで適当に敵が飛ぶ
みたいなことを考えているため、頭の中も適当になり立ち回りも適当になってしまいます。

そこで、もっと真剣に勝ちたい、どうにかして勝ってやる!!って意識している場合
・1 vs 4なので、どうやったら1vs1になれるか
・有利に試合運びするにはどうすればいいか
みたいなことを考えれるようになります。

諦めない心が、勝つための立ち回りを研究することに繋がるわけです。



長くなってしまいましたが、
初心者の方々は、以上の4点、を考えながらSF2をやってみてはいかがでしょうか?

それでは!
  1. 2012/06/23(土) 06:26:33|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<TH900 ファーストインプレッション | ホーム | ラーメン岩佐>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gobulin.blog86.fc2.com/tb.php/15-3e102919
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

家畜の紹介

ゴブリン

Author:ゴブリン
主食:ラーメン
Game:CSGO,WoT...etc

・このブログについて
・PC SPEC
・negitakuプロフィール
・ラーメンフォルダ

●World of Tanks(ASIA)
RGN:goblin_jp
clan: UDK

●Steam
ID: gobulin308

最近の飼育状況

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブログ内検索

最近のラーメン

Twitter

TweetsWind

インタビュー

リンク(順不同)

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。